全身脱毛の注意点

通常、「全身脱毛」と聞けば、頭のてっぺんから足のつま先までの、文字通り「全身」だと解釈するかたがほとんどだと思います。
しかし全身脱毛に関しましては、各サロンによって少し違いがあります。
全身脱毛というコースであっても、お顔の脱毛が含まれていないサロンもありますし、デリケートゾーンが含まれていないサロンもあります。
ですので、もしもあなたがお顔の産毛やデリケートゾーンの脱毛を希望しているのでしたら、まずはサロンのホームページで、全身脱毛の部位を比較してみることが先決です。
曖昧になっている場合には、サロンで契約前のカウンセリングの時に必ず確認することが大切です。
別料金を支払って追加するという方法もありますが、その場合はさらに値段が高くなってしまいますから、よく考えて決めてくださいね。
いくつかの脱毛サロンでお顔とデリケートゾーンが全身脱毛に含まれない理由は、やはりどちらも非常にデリケートな部分だからでしょうね。
実際、他の部分と同じ方法で脱毛を行ったとしても、お顔やデリケートゾーンは比較的、痛みが強いですし、めったにないことではありますが、万が一にもほくろや黒ずみなどのせいで、火傷でもしてしまったら大変なことになってしまいます。
それで、避けるサロンもあるのだと思います。
しかし、お顔もデリケートゾーンも脱毛したい女性は多いですから、全身脱毛に含まれているサロンは多いです。
その場合は、提示された値段以上はかからないのが普通ですから安心感もあります。
知名度の高いサロンでも、低いサロンでも、全身脱毛の部位と、値段に関する最終確認はきっちりしておいたほうが良いですよ。

 

 

最新の脱毛器は、美容クリニックなどで使用するレーザー脱毛器と、脱毛サロンで使用するフラッシュ脱毛器ですが、これらの比較については今回は行いません。
両者の共通点を挙げますと、どちらも黒っぽい色に反応させることによって脱毛を可能にしています。
そのため、ほくろやシミなどがありますと、その部分は脱毛できなくなってしまいますので注意が必要です。
小さなほくろやシミでしたら、その部分を白っぽいなにかで覆って周囲を脱毛することは可能ですが、けっこう大きなほくろやシミは、その部分にムダ毛が生えている場合、脱毛することが出来ません。
全身脱毛を行う場合、施術士はお客様の素肌を見ることになりますが、多くのかたが身体のいろいろな部分にほくろやシミがあります。
本人が気付いていない背中などにある場合もあります。
色素が薄い場合には大丈夫なのですが、これくらいなら大丈夫というような基準になる色がありませんので、ご自身での比較は無理だと思います。
脱毛可能かどうかサロンのかたに見てもらうのが一番でしょう。
他の方法としては、美容クリニックでほくろやシミをとってしまうという選択肢もあるにはあります。
しかし、それはかなりの値段がしますので、その後さらに全身脱毛する余裕があるのかどうかということにもなります。
また、最近はファッションとしてのタトゥーを入れるかたも増えてまいりましたが、その部分も脱毛することが出来ません。
タトゥーを入れるにもそれなりの値段がかかりますから、その部分だけは自己処理を続けるしかないでしょう。
今の時点で、脱毛もしたいけれどタトゥーも入れたいと思っているかたは、迷わず脱毛を先になさってください。
さらに、日焼けもよくありません。
褐色に日焼けしたいかたは、先に全身脱毛を終えてしまってからにするか、もしくは褐色の肌に飽きるまで脱毛を延期するしかありません。
安全でなるべく痛みのない脱毛を望むのであれば、できるだけ白いお肌でいるようにしてください。